ホーム マイアカウント お問い合わせ

お電話での問い合わせは
0120−979−462
商品カテゴリー

おすすめ商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

朝倉のよかもん、いかがですか。

福岡の南東部、朝倉地方の美味しいもの、行事等をお知らせします。時々お買い得情報も載ってるかも?

ナチュレフィールドの
携帯サイトはこちら。
RSS ATOM
■本社 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-6-23博多駅前第2ビル7F 
ナチュレフィールドのこだわり

ナチュレフィールドでは、福岡県うきは市の三善ご夫妻が栽培されている日本山人参を直接仕入れ・加工しております。

無駄なコスト(パッケージ、広告など)を必要最小限に抑え、より多くの方へ毎日飲んで頂ける価格でご提供しています。


生産直売というこだわり

日本山人参を栽培中の三善さん。
日本山人参を栽培中の三善さん
三善さんご夫妻。
三善さんご夫妻

日本山人参粉末、新発売。送料無料、代引手数料無料 ご購入はこちらから


栽培から加工までの工程

栽培から加工まで、実に多くの工程を得て『日本山人参粉末』は作られています。
ここではその工程を見て見ることにしましょう。

原材料収穫
日本山人参の畑風景
材料の『日本山人参』は福岡県うきは市の山奥で栽培しています。
この『日本山人参』は、日当たりが良い山の斜面を好んでいるようです。

『日本山人参』は、収穫できるまでに3年は必要です。
このような安定した栽培ができるようになるまで、土つくりから何年も 試行錯誤しながら、やっと出荷できるまでになりました。 天日干し
日本山人参の天日干しの光景
収穫した『日本山人参』は、天日干しで充分に乾燥させます。
天日干しすることで、水分をじっくりと飛ばし、日本山人参特有の成分を損なわれないようにします。

一次粉砕〜焙煎〜二次粉砕
粉砕風景
まずは10mm〜30mmの大きさになるように機械で一次粉砕を行い、焙煎加工を行います。

乾燥したままでは酸化しやすいデメリットを焙煎することで、栄養素をそのままに長期保存を可能とします。
焙煎加工した『日本山人参』を、飲みやすくするために更に細かく粉砕を行います。
この二次粉砕を行うことで、粉末は4mm程度の大きさになります。
通常ティーパック等で使用する場合は、二次加工程度の大きさで使用することとなります。
三次粉砕
三次粉砕の光景
ナチュレフィールドでは、更にこの後三次粉砕を行い、粉末の大きさを60ミクロン単位まで粉砕していきます。
この行程を経ることで、そのまま飲んでも飲みやすい粉状になるのです。
スティック包装
スティック包装の光景
焙煎、三次加工と処理工程を経た『日本山人参粉末』は、みなさまが毎日飲みやすく携帯しやすいよう、一回分ごとにスティック包装を行いました。

これにより湿気、酸化を防止し、日本山人参粉末の長期保存が可能になりました。

いつでもどこでも『日本山人参粉末』を飲んで、素晴らしい健康ライフを。


日本山人参粉末、新発売。送料無料、代引手数料無料 ご購入はこちらから